メルマガ登録

リヒャルト・シュトラウス 管弦楽曲全集 ケンペ&シュターツカペレ・ドレスデン

こんにちは、
ともやんです。

現在、タワーレコードでは、数量限定でワーナークラシックスのボックスセットのセールを行っています。

どれも超お得な価格で出ているので絶対のおすすめです。

その中でもルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデンによる、リヒャルト・シュトラウス管弦楽曲全集は、超おすすめです。

名演の名盤と誉れ高い、ケンペのR・シュトラウスCD9枚セットが、なんと1,390年で購入できるので、この機会を見逃さないでくださいね。

スポンサーリンク

ケンペの名盤 リヒャルト・シュトラウス管弦楽曲全集

ドイツの名指揮者ルドルフ・ケンペ(1910-1976)は、今年が没後45年。
あのカラヤンと同世代ながら派手さはないが、堅実で充実した演奏は、多くのファンの心を掴んだ指揮者だと思う。

ただ、あまり体が丈夫な方ではなかったようで、多忙な中僅か65歳で亡くなっているのは本当に惜しいと思います。

しかし残された録音では、ミュンヘンフィルとのベートーヴェン、ブラームスの交響曲全集やシュターツカペレ・ドレスデンとのリヒャルト・シュトラウス管弦楽曲全集は、永遠の名盤だと思う。

R・シュトラウスの管弦楽曲全集は、協奏曲を含む全管弦楽曲がCD9枚に収録されていて聴くことができます。
作曲家と縁の深かったオーケストラとケンペの優れたバランス感覚がどの曲でも安定した、しかも表現力に富んだ演奏を生み出しています。

ぜひ、これらの名演に耳を傾けてほしいです。

スポンサーリンク

R. シュトラウス 管弦楽作品全集 シュターツカペレ・ドレスデン/ルドルフ・ケンペ

演奏は、全てルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデン。以下収録曲とソリストをご案内します。

リヒャルト・シュトラウス – Richard Strauss (1864-1949)
交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」 Op. 30, TrV 176
1-4.(33:11) Also sprach Zarathustra, Op. 30, TrV 176

——————————–

交響詩「死と変容」 Op. 24, TrV 158
5.(22:29) Tod und Verklarung (Death and Transfiguration), Op. 24, TrV 158

——————————–

歌劇「ばらの騎士」組曲 Op. 59, TrV 227 – ワルツ
6.(17:53) Der Rosenkavalier Suite, Op. 59, TrV 227: Waltzes

——————————–

歌劇「カプリッチョ」 Op. 85, TrV 279c – 間奏曲(月光の音楽)
7.(03:28) Capriccio, Op. 85, TrV 279: Intermezzo (Moonlight Music)

——————————–

交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 Op. 28, TrV 171
8.(14:51)Till Eulenspiegels lustige Streiche (Till Eulenspiegel’s Merry Pranks), Op. 28, TrV 171

——————————–

交響詩「ドン・ファン」 Op. 20, TrV 156
9.(16:15)Don Juan, Op. 20, TrV 156

——————————–

交響詩「英雄の生涯」 Op. 40, TrV 190
10-18.(44:08) Ein Heldenleben (A Hero’s Life), Op. 40, TrV 190

——————————–

メタモルフォーゼン(23の独奏弦楽器のための習作) TrV 290
19.(25:20) Metamorphosen, TrV 290

——————————–

アルプス交響曲 Op. 64 TrV 233
20-41.(49:34) Eine Alpensinfonie (An Alpine Symphony), Op. 64, TrV 233

——————————–

交響詩「ドン・キホーテ」 Op. 35, TrV 184
42-55.(40:57) Don Quixote, Op. 35, TrV 184
マックス・ロスタル – Max Rostal (ヴィオラ)
ポール・トルトゥリエ – Paul Tortelier (チェロ)

——————————–

フランソワ・クープランのクラヴサン曲による舞踏組曲 TrV 245
56-63.(28:41) Tanzsuite nach Klavierstucken von Francois Couperin, TrV 245

——————————–

交響的幻想曲「イタリアより」 Op. 16, TrV 147
64-67.(43:02) Aus Italien, Op. 16, TrV 147

——————————–

交響詩「マクベス」 Op. 23, TrV 163
68.(19:38) Macbeth, Op. 23, TrV 163

——————————–

楽劇「サロメ」 Op. 54, TrV 215 – 7つのヴェールの踊り
69.(08:31) Salome, Op. 54, TrV 215: Dance of the Seven Veils

——————————–

組曲「町人貴族」 Op. 60, TrV 228c
70-78.(33:41) Le Bourgeois Gentilhomme (Der Burger als Edelmann) Suite, Op. 60, TrV 228c

——————————–

バレエ音楽「ホイップ・クリーム」 Op. 70, TrV 243 – 第1幕 ワルツ
79.(07:27) Schlagobers, Op. 70, TrV 243, Act I: Walzer

——————————–

バレエ音楽「ヨゼフ伝説」 Op. 63, TrV 231
80.(25:37) Josephslegende, Op. 63, TrV 231

——————————–

ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 Op. 8, TrV 110
81-83.(29:50) Violin Concerto in D Minor, Op. 8, TrV 110
ウルフ・ヘルシャー – Ulf Hoelscher (ヴァイオリン)

——————————–

家庭交響曲 Op. 53, TrV 209
84-88.(44:02) Symphonia domestica, Op. 53, TrV 209

——————————–

ホルン協奏曲第1番 変ホ長調 Op. 11, TrV 117
89-91.(17:12) Horn Concerto No. 1 in E-Flat Major, Op. 11, TrV 117
ペーター・ダム – Peter Damm (ホルン)

——————————–

ホルン協奏曲第2番 変ホ長調 TrV 283
92-94.(19:31) Horn Concerto No. 2 in E-Flat Major, TrV 283
ペーター・ダム – Peter Damm (ホルン)

——————————–

オーボエ協奏曲 ニ長調
95-97.(24:01) Oboe Concerto in D Major
マンフレート・クレメント – Manfred Clement (オーボエ)

——————————–

二重コンチェルティーノ TrV 293 (抜粋)
98-100.(18:09)Duett-Concertino, TrV 293 (excerpts)

——————————–

ブルレスケ ニ短調 TrV 145
101.(19:54) Burleske in D Minor, TrV 145
マルコム・フレイジャー – Malcolm Frager (ピアノ)

——————————–

家庭交響曲余録 Op. 73, TrV 209a
102.(21:43) Parergon zur Symphonia Domestica, Op. 73, TrV 209a
ペーター・レーゼル – Peter Rosel (ピアノ)

——————————–

パンアテネの大祭 Op. 74, TrV 254
103.(27:53) Panathenaenzug, Op. 74, TrV 254, “Symphonische Etuden in Form einer Passacaglia”
ペーター・レーゼル – Peter Rosel (ピアノ)

演奏
シュターツカペレ・ドレスデン – Dresden Staatskapelle
ルドルフ・ケンペ – Rudolf Kempe (指揮)

R. シュトラウス:管弦楽作品全集(シュターツカペレ・ドレスデン/ケンペ)

2012年末に国内盤で発売されたシングル・レイヤーSACD用に、これまで未使用の新発見オリジナル・アナログ・マスターよりリマスタリングされた音源を使用して作成された全集です。アナログ後期、ドレスデン聖ルカ教会でのステレオ録音。
ケンペがドレスデン・シュターツカペレを指揮して完成させた、リヒャルト・シュトラウスの管弦楽曲&協奏曲作品を集めた当セットは、以前から名盤として知られ、数々の賛辞を受けてきたものです。
収録作品は、どれもケンペの快活で柔軟な音楽作りが心地よい名演ばかりで、生き生きと楽しい『ティル・オイレンシュピーゲル』や、豪快で推進力に富む『英雄の生涯』、ペーター・ダムのホルンに驚く『ドン・ファン』はもちろん、豪華な独奏者による協奏曲も万全の内容です。
多くのリヒャルト・シュトラウス作品を初演し、『アルプス交響曲』を献呈されるなど作曲者ゆかりのオーケストラでもあるシュターツカペレ・ドレスデン全盛期のサウンドが心地よく味わえる名録音を本来の上質なサウンドで味わえる演奏です。
ワーナーミュージック・ジャパン



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました