メルマガ登録

ケンペの名盤 ドヴォルザークの8番 美しさと力強さを兼ね備えた名演

こんにちは、
ともやんです。

『ルドルフ・ケンペの芸術(The Art of Kempe) ~1962-1976レコーディングス~』は、ドイツの名指揮者ルドルフ・ケンペ(1910-1976)の名演集が詰まった素晴らしいボックスセットです。

その中から、ドヴォルザークの交響曲第8番をご案内します。

スポンサーリンク

ケンペ&ミュンヘンフィル ドヴォルザーク交響曲第8番

アントニン・ドヴォルザーク – Antonin Dvo?ak (1841-1904)
交響曲第8番 ト長調 Op. 88, B. 163
Symphony No. 8 in G Major, Op. 88, B. 163

1. I. Allegro con brio
2. II. Adagio
3. III. Allegretto grazioso – Molto vivace
4. IV. Allegro ma non troppo

ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 – Munich Philharmonic Orchestra
ルドルフ・ケンペ – Rudolf Kempe (指揮)

スポンサーリンク

ルドルフ・ケンペの芸術

録音:1972年11月29日 ドュッセルドルフ

心憎いばかりの名演です。

この日のコンサートは、

1曲目にワーグナーのニュルンベルクのマイスタージンガー

2曲目が、フリードリッヒ・グルダとモーツァルトピアノ協奏曲第27番K595

そして3曲目このドヴォルザークの交響曲第8番

スポンサーリンク

ドヴォルザークの第8番は美しいばかり

僕は、ドヴォルザークの交響曲では、第8番が一番好きです。

何と言っても親しみやすいメロディーに溢れ、口ずさめるくらいですし、チャーミングな魅力にも溢れた交響曲です。

この曲を聴くときは、美味しいケーキをこれから食べるっていう時の気分に似ていますね。

だから素朴で武骨な演奏より、美しくチャーミングで煌きのある演奏がいいですね。

そんな点から、僕の愛聴盤は、ワルター指揮コロンビア響でした。

でもケンペ指揮ミュンヘンフィルも負けてはいません。

コンサートなのに全く端正な構成で、各所に煌きを持たせた名演です。

しかも芯の強い力強さももちろんベースにあります。

おすすめの名演名盤です。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました