アバド&ベルリンフィル スマートなベートーヴェン交響曲第1番&2番

目安時間 3分

こんにちは。

ともやんです。

 

クラウディオ・アバドは、僕が初めて海外のメジャーオーケストラ、指揮者と接した最初の人です。

僕が中学3年生の時になんとウィーンフィルハーモニーが北陸・富山市にやってきました。

当時寝ても覚めてもクラシック音楽の僕は、その辺はよく憶えていませんが、小遣いをはたいて、

チケットを購入し当時の富山公会堂に行きました。

 

曲目は、ベートーヴェンの田園、他(田園しか憶えていない)
演奏はもちろんウィーンフィルハーモニー管弦楽団。
そして指揮者は、若き日のクラウディオ・アバド。

 

アバドは、1933年(昭和8年生まれ)なので当時39歳。
因みに私の父親と同い年。

 

さて、ここまで書いて、僕はネットでウィーンフィルの来日記録を調べてみました。

 

さすがですね、こんな誰が作っているんだろう、ちゃんとありますね。

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団来日公演記録
1973年来日の記録

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団来日公演記録

富山市公演は、1973年3月24日となっています。

 

中学3年生といっても、あと1週間で高校生になる時期です。
ところが、ここで不思議なのはプログラムがベートーヴェンの英雄になっているところです。

スポンサーリンク

 

あれ?確か田園だったと思っていたけどなぁ・・・
私の記憶違い?それとも急遽変更?それともサイト制作者の間違い?

クラウディオ・アバド資料館

クラウディオ・アバド資料館

やばい私の分が悪いぞ。

この件、ちょっと調査してみます。

さて、クラウディオ・アバド指揮ベルリンフィルハーモニーのベートーヴェン。

評論家・福島章恭氏は、軽く、淡く、まるでソーダ水のようなベートーヴェン、とこき下ろしています。

 

ここで紹介するには、1番と2番です。
福島氏は全体としてこき下ろしていますが、1番・2番・3番「英雄」は評価しています。
私は、1番、2番に関しては精緻な仕上がりは良いと思いますよ。



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報