メルマガ登録

巌本真理 CD ベートーヴェン 弦楽四重奏曲選集

こんにちは、
ともやんです。

僕は、小学生の高学年頃からクラシック音楽に興味を持ちだし、テレビでN響のコンサート番組を観るようになりました。

いやどっちが先かわかりません。もしかしてN響の番組を観たことから興味を持ったのかもしれません。

ただ、最初は音楽自体よりも岩城宏之さんの指揮姿を観るのが好きで続けて番組を観ていたようです。

そして中学生になり、初めてレコードを買い、FM放送を聴くようになりクラシック音楽に深く入って行ったように思います。ただ、それも高校生、大学生となりもっと刺激的な
ロックやポップス音楽に興味を持つようになり、しばらくは離れていた時期もあります。

しかし、社会人になってからまたクラシックへの興味が戻ってきました。
だから中学生だった1970年から3~4年の頃の知識の習得が現在も大きな影響を持っています。

その頃よく聴いた名前に巌本真理さんの名前がありました。
その演奏をFMで聴いたかどうかまでの記憶はありませんが、当時のもっとも人気のあるヴァイオリニストの一人であり弦楽四重奏団だったのだと思います。

ただ、その後の巌本さんの生涯に関しては知っておらず、今回命日と知りしかも改めてその生涯を知ることになりました。

スポンサーリンク

巌本真理 プロフィール

巌本真理さんは、1926年1月19日に東京都生まれ。母親がアメリカ人でメリー・エステルと名付けられました。
6歳からヴァイオリンを始めますが、ハーフということでいじめにあり、小学校を4年生で退学したとあります。その後、自宅でヴァイオリンの英才教育を受け、1937年の11歳の時に日本音楽コンクールで第1位を取り天才少女と言われたそうです。
1939年には1回目のリサタイルも開いています。しかし、当時は戦時下。
名前も真理に変えざると得なかったようです。

巌本真理弦楽四重奏団は、1966年の結成。70年にはレコード・アカデミー賞、71年には再度、芸術選奨賞、74年にはモービル音楽賞を受賞しています。

ただ77年には乳がんに罹り、79年5月11日に帰らぬ人となりました。享年53歳。
だから僕のが巌本真理さんの名前を頻繁に聴いていた頃は、まさに弦楽四重奏団としてもっとも活躍していた頃だった思います。

スポンサーリンク

巌本真理 CD ベートーヴェン 弦楽四重奏曲選集

(1)弦楽四重奏曲第1番O.18の1【1970年2月23日放送】
(2)弦楽四重奏曲第3番Op.18の3【1971年5月16日放送】
(3)弦楽四重奏曲第8番Op.59の2「ラズモフスキー第2番」【1962年9月8日放送】
(4)弦楽四重奏曲第11番Op.95「セリオーソ」【1968年3月23日放送】
(5)弦楽四重奏曲第13番Op.130~カヴァティーナ【1968年3月23日放送】
(6)弦楽四重奏曲第16番Op.135【1971年11月28日放送】

巌本真理弦楽四重奏団 – Mari Iwamoto String Quartet

ベートーヴェン 弦楽四重奏曲集 巌本真理弦楽四重奏団

初期作品の推進力と後期作品の深み。巌本真理SQによる神業的ベートーヴェン

巌本真理弦楽四重奏団のベートーヴェンは評判高いものの全曲でなく、また多くは今日入手困難となっています。ニッポン放送に残された5作品とアンコールで奏された第13番の第5楽章「カヴァティーナ」をCD化。

初期作品から最後の16番まで重要作を聴くことができるのも幸運な限り。エネルギーと推進力に満ちた前者も魅力ながら、内省的で未来的とさえ言える後者の深さも申し分なし。半世紀前にこれほど大人の音楽を奏した室内楽団体が日本にいたことを再認識させてくれます。

放送時間の都合により、第8番(ラズモフスキー第2番)の終楽章はカット付きで演奏されています。ご了承の上お求めください。
キングインターナショナル

残念ながらベートーヴェンの弦楽四重奏曲はまだ聴いていません。
今日は、Amazon Music Unlimitedで聴くことが出来るモーツァルトの弦楽四重奏曲を聴きました。
癒される演奏を聴きながら、全盛期に病のため世を去った音楽家の無念さに思いを馳せました。

スポンサーリンク

巌本真理 CD モーツァルト弦楽四重奏曲

弦楽四重奏曲 第 15番 ニ短調, K. 421:
1.(07:51) Allegro
2.(07:48) Andante
3.(04:06) Menuetto. Allegretto
4.(07:24) Allegro ma non troppo
total(27:09)

—————————-

弦楽四重奏曲 第 19番 ハ長調, K. 465 不協和音
5.(10:37) Adagio – Allegro
6.(07:53) Andante cantabile
7.(04:54) Menuetto. Allegro
8.(05:46) Allegro
total(29:00)

モーツァルト:弦楽四重奏曲 巌本真理弦楽四重奏団

巌本真理弦楽四重奏団 – Mari Iwamoto String Quartet
巌本真理(第1ヴァイオリン)、友田啓明(第2ヴァイオリン)、菅沼準二(ヴィオラ)、黒沼俊夫(チェロ)
録音:1975年



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました