メルマガ登録

シェルヘン ベートーヴェン 交響曲全集 1965年

こんにちは、
ともやんです。

以前、ある音楽雑誌のコメント欄で宇野功芳氏は、
「もしルガーノ放送管弦楽団を指揮したベートーヴェンの交響曲全集が世に出なかったら、シェルヘンは二流か三流の評価を受けて、すっかり忘れ去られていただろう。それほどルガーノ・ライヴは衝撃的だった。」
と書いています。
僕も初めて聴いたのは、第3番の「英雄」でしたが、その爆発的な演奏に度肝を抜かれたものです。

スポンサーリンク

ヘルマン・シェルヘン ベートーヴェン交響曲全集より第2番

ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
交響曲第2番ニ長調 作品36
ヘルマン・シェルヘン指揮

1965年1月8日ライヴ録音

ベートーヴェン: 交響曲全集+「運命」リハーサル ヘルマン・シェルヘン ルガノ放送交響楽団

ベートーヴェンの第2交響曲は、もしかして9曲の中でもっともコンサートで取り上げられることが少ない曲かもしれない。

しかし、青春の一こまを映し出した魅力的な曲で、次の第3番英雄での飛躍を予感させる名曲です。

そして僕の気持ちをつかんで離さない演奏が、1965年のシェルヘンのライヴ録音。

今まさに目の前で活き活きと演奏が繰り広げられているような、手に汗握る気迫のこもったワクワクさせる演奏です。

スポンサーリンク

ベートーヴェンの交響曲全集の中で異彩を放つ名盤

時々、シェルヘンの唸り声もマイクが捕らえ、まさに入魂の演奏。

しかも有難いことに50年前の録音にも関わらず音が生々しく収録されていること。

この一連のライヴは全集で収められていて、特に3番、6番、8番が超個性的にして魂の演奏です。いずれこのブログでも再度取り上げたいと思います。

このシェルヘンの全集は、市場に出ているベートーヴェンの交響曲全集の中もで、特異な光を放つ名盤です。

聴かずに死ねない全集です!



にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

クリック応援お願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました