メルマガ登録

シュタルケル 名盤 ハイドンチェロ協奏曲集

こんにちは、

ともやんです。

ヤーノシュ・シュタルケル(1924-2013)は懐かしいチェリストです。

僕がまだ小学生の高学年だったこと、叔父の家に遊びに行くと、一回り年上の叔父は、買ったばかりのステレオセットを自慢して、よくLPレコードを聴かせてくれました。

ポール・モーリアなどのイージーリスニングもありましたが、僕は、クラシックを聴かせてほしいとせがんだものです。

その時、叔父が良くかけてくれたのが、ヤーノシュ・シュタルケルのバッハの無伴奏チェロ組曲でした。

スポンサーリンク

シュタルケル 名盤 ハイドンのチェロ協奏曲

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン – Franz Joseph Haydn (1732-1809)
チェロ協奏曲第1番 ハ長調 Hob.VIIb:1
Cello Concerto No. 1 in C Major, Hob.VIIb:1

1.(10:40)I. Moderato
2.(08:07)II. Adagio
3.(07:10)III. Finale: Allegro molto
total(25:57)

ヤーノシュ・シュタルケル – Janos Starker (チェロ)
スコットランド室内管弦楽団 – Scottish Chamber Orchestra
ジェラード・シュワルツ – Gerard Schwarz (指揮)

——————————-

チェロ協奏曲第2番 ニ長調 Hob.VIIb:2
Cello Concerto No. 2 in D Major, Hob.VIIb:2

4.(15:49)I. Allegro moderato
5.(05:21)II. Adagio
6.(05:36)III. Allegro

total(26:46)

ヤーノシュ・シュタルケル – Janos Starker (チェロ)
スコットランド室内管弦楽団 – Scottish Chamber Orchestra
ジェラード・シュワルツ – Gerard Schwarz (指揮)

ヤーノシュ・シュタルケル ジェラード・シュワルツ ハイドンチェロ協奏曲集

ヤーノシュ・シュタルケルのプロフィール
チェロ奏者。1924年ハンガリーのブダペスト生まれ。11歳で初リサイタルを開く。フランツ・リスト音楽院卒業と同時に、ブダペスト国立歌劇場管とブダペスト・フィルの首席奏者に就任するも、翌46年に祖国を去り、48年に米国へ移住。オーケストラに在籍していたが、シカゴ響を辞任した58年からソリストとして活動。どんな難曲も楽々と弾く優れたテクニックを持つ。インディアナ大学教授でもあり、多くの逸材(堤剛ら)を育てた。
2012/08/30 (2013/03/26更新) (音楽出版社)
追記:2013年4月28日に88歳で逝去。

ハンガリーが生んだ名チェリスト、シュタルケルによるハイドンのチェロ協奏曲です。チェロ協奏曲のなかでも演奏される機会が多く、非常に親しみやすい作品です。第1番の第1楽章などは、テレビにも使われていたので、耳にしてる方も多いかと思います。シュタルケルが奏でる温かみのある、落ち着いたチェロの音は、心を穏やかにしてくれます。
ナクソス・ミュージック・ライブラリーより



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました