メルマガ登録

ラフマニノフ ピアノ協奏曲全集 マルシェフのロマン溢れる名盤

こんにちは、

ともやんです。

ラフマニノフの全4曲のピアノ協奏曲を収めたアルバムで、アゼルバイジャンのバクー出身で1961年生まれのオレグ・マルシェフのピアノとスコットランド出身のジェイムズ・ロッホランが、指揮するデンマークのオーフス交響楽団というユニークな組み合わせの全集です。

と思ったら、録音年の2001年当時は、ロッホランは、オーフス交響楽団の首席指揮者をしていたので、面白い組み合わせと思たのは、違いますね。

さて、余談はともかく、ラフマニノフのピアノ協奏曲というと第2番は圧倒的に人気で、それにアメリカのニューヨークで初演して大成功を収めた第3番が有名です。

しかし、第1番、第4番のなかなかの曲で、しかもマルシェフのピアノとロッホラン指揮のオーフス交響楽団は、ロマンも十分ですが、それに溺れず正攻法の演奏は好感が持てます。

スポンサーリンク

ラフマニノフ ピアノ協奏曲全集 マルシェフのピアノとロッホランの指揮で

セルゲイ・ラフマニノフ – Sergey Rachmaninov (1873-1943)
ピアノ協奏曲第1番 嬰ヘ短調 Op. 1
Piano Concerto No. 1 in F-Sharp Minor, Op. 1
1.(13:01)I. Vivace
2.(06:54)II. Andante
3.(08:30)III. Allegro vivace
total(28:25)
オレグ・マルシェフ – Oleg Marshev (ピアノ)
オーフス交響楽団 – Aarhus Symphony Orchestra
ジェイムズ・ロッホラン – James Loughran (指揮)
————————–
ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op. 18
Piano Concerto No. 2 in C Minor, Op. 18
4.(11:35)I. Moderato – Allegro
5.(12:11)II. Adagio sostenuto
6.(12:17)III. Allegro scherzando
total(36:03)
オレグ・マルシェフ – Oleg Marshev (ピアノ)
オーフス交響楽団 – Aarhus Symphony Orchestra
ジェイムズ・ロッホラン – James Loughran (指揮)

Disc 2
セルゲイ・ラフマニノフ – Sergey Rachmaninov (1873-1943)
ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 Op. 30
Piano Concerto No. 3 in D Minor, Op. 30
1.(18:42)I. Allegro ma non tanto
2.(11:54)II. Intermezzo: Adagio
3.(14:53)III. Finale: Alla breve
total(45:29)
オレグ・マルシェフ – Oleg Marshev (ピアノ)
オーフス交響楽団 – Aarhus Symphony Orchestra
ジェイムズ・ロッホラン – James Loughran (指揮)
————————–

スポンサーリンク

Disc 3

セルゲイ・ラフマニノフ – Sergey Rachmaninov (1873-1943)
ピアノ協奏曲第4番 ト短調 Op. 40
Piano Concerto No. 4 in G Minor, Op. 40
1.(10:36)I. Allegro vivace
2.(07:08)II. Largo
3.(10:07)III. Allegro vivace
total(27:51)
オレグ・マルシェフ – Oleg Marshev (ピアノ)
オーフス交響楽団 – Aarhus Symphony Orchestra
ジェイムズ・ロッホラン – James Loughran (指揮)

4.(26:31)パガニーニの主題による狂詩曲 Op. 43
Rhapsody on a Theme of Paganini, Op. 43

オーフス交響楽団 – Aarhus Symphony Orchestra
ジェイムズ・ロッホラン – James Loughran (指揮)

録音:2001, Frichsparken, Aarhus, Denmark [Studio]

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲全集/パガニーニの主題による狂詩曲(マルシェフ/オーフス響/ロッホラン)

投稿日:2008/10/31
Danacordレーベルの看板ピアニストでもある、ロシア出身の技巧派オレグ・マルシェフによるラフマニノフのピアノ協奏曲です。彼の作品というと第2番と第3番、パガニーニによる狂詩曲が有名で、協奏曲の中でも難曲中の難曲として知られています。しかし、隅に追いやられている第1番、第4番もなかなか傑作なのです。一度聞いてみる価値ありです。

以上、ナクソス・ミュージック・ライブラリーより



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました