エレーヌ・グリモー(1969年11月7日フランス生まれ)。 恥ずかしながら、実は少し前までその存在も知らなかったピアニストです。   しかも現在49歳ですから、新進ピアニストでもなく、 まさに脂の乗り切った実力派です。   しかも美貌の持ち主で、美人に弱い僕は、 さっそくネルソンス指揮バイエルン放送響と入れたブラームスを聴いて、 その実力に舌を巻きました。   強靭な…

  • 人気ブログランキング

ヘルベルト・ブロムシュテットは、1927年7月11日生まれですから、 今年の7月で91歳になった現役最高齢の指揮者です。   しかし、その演奏からはそんな年齢を感じさせない 新鮮さと活力を感じさせ感銘を与えてくれます。   ブロムシュテットは、僕が実演で聴いた数少ない外国人指揮者の一人です。   確か、もう20年以上前ドレスデン・シュターツカペレを 率いて来日したとき…

  • 人気ブログランキング

ブルックナーの交響曲第5番が続きます。   多分、ブルックナーの交響曲第5番でも かなり古い方の録音ではないでしょうか?   1958年、ヨッフム指揮のバイエルン放送響との録音です。     60年も前の録音ですが、 当時の録音スタッフの奮闘ぶりが分かる、名録音です。 しかもステレオなのが嬉しいですね。   録音年を伏せて、聴いて、その後60年前の…

  • 人気ブログランキング

オイゲン・ヨッフム(1902-1987)は、ドイツの名指揮者で決してスター的な存在ではないですが、ブルックナーの権威として知られています。   またベートーヴェン、ブラームスでは、誠実で堅実にして重厚な演奏を聴かせてくれますが、そこには常に人間的な温もりを併せ持っていて、ヨッフムでそれらの演奏を聴くと、なんか幸せになります。   しかも、ナチスドイツ下で演奏を続けながら、ナチス…

  • 人気ブログランキング

オイゲン・ヨッフムのベートーヴェン交響曲全集 オイゲン・ヨッフム(1902-1987)は、ドイツの名指揮者で特にブルックナーを得意としていて交響曲全集も2種類(ベルリンフィルとバイエルン放送響、ドレスデンシュターツカペレ)あり、どちらも高い評価を得て、CDもロングセラーを続けています。   その他、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスといった作曲家の演奏を得意とししかも水準…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング