メルマガ登録

ブルックナー 交響曲第1番 ヨッフム&ベルリンフィル

こんにちは、
ともやんです。

 

僕は、クラシック音楽ファンを50年近く続けています。
かと言って、いろんなジャンルに精通しているかと言うとそうではありません。

オペラや声楽関係は弱いです。

 

逆に好きなのは、交響曲を中心とする管弦楽で、好きな作曲家は、バッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンからマーラー、リヒャルト・シュトラウスに至るドイツロマン派の作曲家たちです。

 

だから必然的にそれらの曲を演奏する指揮者やオーケストラに興味を持つようになりました。

スポンサーリンク

オイゲン・ヨッフムに捧げる言葉

 

どこの世界でもいますが、確かな実力を持ちながらスターとして扱われない人がいます。
そういう人を玄人受けするなどといいます。

 

オイゲン・ヨッフムは、まさにそんな指揮者だったのではないかと思います。
そして特に彼の経歴を見ていると、多くのオーケストラの楽団員に愛されたと方だというのがわかります。

 

ヨッフムの演奏は、刺激的でも衝撃的でも劇的でもあります。

当たり前のことを誠実に心を込めて再現してしています。

 

だから一聴した場合、もう少し激しさが欲しい、もう少し起伏が欲しい、と感じることもあります。

でもそれは探すためにまた聴いてしまうのです。

 

そして聴けば聴くほど、味わいが出てきます。

ヨッフムほど、聴いた後で温かい気持ちになる指揮者はいません。

スポンサーリンク

ヨッフム&ベルリンフィル ブルックナー交響曲第1番

 

アントン・ブルックナー – Anton Bruckner (1824-1896)
交響曲第1番 ハ短調 WAB 101 (1877年リンツ稿・ノヴァーク版)
Symphony No. 1 in C Minor, WAB 101 (1877 Linz version, ed. L. Nowak)

1.(12:39) I. Allegro
2.(12:34) II. Adagio
3.(08:54) III. Scherzo: Schnell
4.(13:12) IV. Finale: Bewegt, feurig
total(47:19)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 – Berlin Philharmonic Orchestra
オイゲン・ヨッフム – Eugen Jochum (指揮)

 

【CD】 ブルックナー: 交響曲全集 オイゲン・ヨッフム 、 バイエルン放送交響楽団 、 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

 

ここで評論家宇野功芳氏のコメントを紹介します。

宇野氏は、歯に衣着せぬ辛口の評論家で有名でしたが、ヨッフム&ベルリンフィルによるブルックナーの交響曲第1番については、絶賛しています。

 

“ヨッフムは、ブルックナーを最も得意なレパートリーにしていた。

この「第一」は最高のすばらしさで、曲の魅力を百パーセント音化することに成功している。”

 



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました