メルマガ登録

朝比奈隆 ドヴォルザーク 交響曲第8番

こんにちは、
ともやんです。

今年は、朝比奈隆さんが亡くなって20年目の年です。
カラヤンと同い年の1908年生まれですから、享年93歳。
最期まで現役を続けられたので、まさに生涯現役でした。

今回、1999年2月21日のライブでドヴォルザーク交響曲第8番を聴きました。
当時90歳の朝比奈さんでしたが、僕はこの演奏を聴いて、朝比奈さんを改めて尊敬し、また微笑ましくも思いました。

スポンサーリンク

朝比奈隆 永遠の挑戦者

朝比奈さんが、ベートヴェン交響曲全集を何度も録音しています。
7回?8回?これは同い年のカラヤンととも記録的には凄いことです。

ただ、朝比奈さんの演奏を聴いているとあることを感じるのです。
それは常の未完成なのです。いや少なくても僕には未完成と感じるのです。

確か、80代後半のインタビューに常により素晴らしい演奏を目指していきたいと語っていました。

今回聴いた、ドヴォルザーク交響曲第8番にもそれを感じるのです。
出だしや第2楽章のロマンティックで情感豊かな表現をしているかと思うと、全ての楽譜をきちんと奏でるという即物的で職人的な演奏に徹している姿も随所に見られます。

つまり、朝比奈さんはここでもいろいろなことを試みているのです。
それが聴いていると、なんかアンバランスのような、かと言って説得力があるような、なんか未完成でありながらそれでいて聴かせてくれる、そんな常に前身を続ける姿が微笑ましくあります。

ぜひ聴いてください。

スポンサーリンク

朝比奈隆 ドヴォルザーク交響曲第8番

アントニン・ドヴォルザーク – Antonin Dvo?ak (1841-1904)
交響曲第8番 ト長調 Op. 88, B. 163
Symphony No. 8 in G Major, Op. 88, B. 163

1.(10:40) I. Allegro con brio
2.(11:13) II. Adagio
3.(05:59) III. Allegretto grazioso
4.(11:03) IV. Allegro ma non troppo
total(38:55)

大阪フィルハーモニー交響楽団 – Osaka Philharmonic Orchestra
朝比奈隆 – Takashi Asahina (指揮)
録音: 21 February 1999, Aichi Prefectural Art Theater, Nagoya, Japan

朝比奈隆&大阪フィル ドヴォルザーク交響曲第8番 by Amazon Music

残念ながらCDでの入手は困難なようです。
Amazon musicで聴くことができます。特にAmazon music unlimitedへの加入がおすすめです。CDで入手出来ない録音が多く聴くことができます。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました