メルマガ登録

クリュイタンス ラヴェル ピアノと管弦楽のための作品全集

こんにちは、
ともやんです。

今日、6月3日は、ベルギー出身の名指揮者アンドレ・クリュイタンスの命日です。1967年6月3日にパリで癌のため急死したということですから、没後55年になります。

まだ62歳という年齢で、指揮者という仕事柄、これから円熟期を迎える年代ですから、惜しまれながらの最期でした。

亡くなる3年前の1964年に手兵のパリ音楽院管弦楽団と来日を果たし、日本の聴衆に清新な感動を呼び起こしてくれたそうです。

さて、クリュイタンスはフランスの指揮者と思われているようですが、出身はベルギーのアントワープでそこで音楽を学び、デビューもし研鑽を積みました。

32年、28歳の時にフランスに行き、リヨンやボルドー、ヴィジーなどの地方歌劇場で実績を重ね、47年にパリのオペラ・コミークの音楽監督に就任したそうで、当時クリュイタンスも既に40歳を越えているので苦労人だったようです。

しかし、その2年後の49年には当時フランス最高のステータスを誇ったパリ音楽院管の常任指揮者となり亡くなるまでその地位を保ちました。

そこから約20年弱の活躍は目を見張るものがあります。

バイロイト音楽祭、ミラノ・スカラ座、ウィーンフィル、ニューヨークフィルの指揮台に立ち、当時既にカラヤンが常任指揮者だったベルリン・フィルとカラヤンよりも早くベートーヴェンの交響曲全集を録音し、57年にはウィーンフィルのアメリカ公演の指揮者にも選ばれ大成功を収めています。

さて、よくクリュイタンスの演奏は、繊細でエレガントで流麗、色彩豊かと言われますが、それは一面しか見ていない、いや聴いていないと思います。

時に生々しく武骨な響きも垣間見られ、そこが堪らない魅力です。
例えば、ラベルのピアノ協奏曲など、ピアニストの演奏にばかり聴き入りそうですが、これほど音の魔術師と言われたラヴェルのえげつなくカッコいい管弦楽伴奏を堪能させてくれる人は初めてです。

ぜひ、クリュイタンスの指揮でラヴェルの名曲集を聴いて欲しいです。

なお、昨日6月3日から水谷豊監督檀れい主演で映画「太陽のボレロ」が全国の映画館で封切られます。
当然映画の中でもボレロが演奏されると思います。

ボレロに関しては、クリュイタンスは、本来の端正にエレガントな演奏を聴かせてくれます。しかも何度聴いてもその味わいは最高です。

スポンサーリンク

クリュイタンス ラヴェル 名演集

モーリス・ラヴェル – Maurice Ravel (1875-1937)
ピアノ協奏曲 ト長調
Piano Concerto in G Major

1.(07:46) I. Allegramente
2.(08:41) II. Adagio assai
3.(03:59) III. Presto
total(20:26)

————————

左手のためのピアノ協奏曲
4.(18:18) Piano Concerto for the Left Hand

サンソン・フランソワ – Samson Francois (ピアノ)
パリ交響楽協会管弦楽団 – Orchestre de la Societe des Concerts Symphoniques de Paris
アンドレ・クリュイタンス – Andre Cluytens (指揮)

————————

ボレロ
5.(15:31) Bolero

パリ交響楽協会管弦楽団 – Orchestre de la Societe des Concerts Symphoniques de Paris
アンドレ・クリュイタンス – Andre Cluytens (指揮)

ラヴェル: ピアノと管弦楽のための作品全集 アンドレ・クリュイタンス パリ音楽院管弦楽団

天才ピアニスト、フランソワと名指揮者クリュイタンス。加えてオーケストラはパリ音楽院管弦楽団という、当時のフランスを代表していた最高のメンバーによるラヴェルのピアノ作品、協奏曲、管弦楽集です。両者の個性とラヴェルの感性が渾然一体となった、不朽の名作・名演です。なお、このシリーズにはブックレットは付属しません。
ワーナーミュージック・ジャパン



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました