こんにちは、 ともやんです。   ベートーヴェンの交響曲第7番は、『のだめカンタービレ』で使われたかという理由も多少あるかもしれませんが、2018年のコンサートで、第9に次いで多く演奏された曲です。   また、音楽之友社が行っている、「クラシック音楽ベストテン」の交響曲部門では、開始されてから40年近く、第7番は、常にベストテンに入っています。   これは、ベートーヴ…

ブラームス 交響曲全集 ベームvsヴァント

目安時間 9分

こんにちは。 ともやんです。   許光俊氏は、ユニークなクラシック音楽の評論家で、僕は賛同できないことの方が多い人です。 でも出版も多い各書籍への記事も多い人で、どうしても目にすることが多いので、結局読む機会も多い方です。 でも時には、なるほどと賛同することもあるので、許氏の本やコラムはついチェックしてしまいます。   『クラシックの聴き方が変わる本[テーマ別・名盤&裏名盤ガイ…

ブリュッヘン ベートーヴェン交響曲全集 2011

目安時間 5分

こんにちは、 ともやんです。   古楽器演奏の指揮者でスペシャリストというと僕はホグウッド、ガーディナー、ブリュッヘンを思い出しますし、それなりに聴いています。   ただ、穏健派のホグウッド、斬新なガーディナーに対して、ブリュッヘンは、あくまで僕の印象ですが、なにか憑りつかれたような怖さを感じさせる人です。 スポンサーリンク   例えば、モーツァルトの交響曲でもデビュ…

こんにちは、 ともやんです。   アーノンクール(1929-2016)&ヨーロッパ室内管弦楽団による、フレッシュなベートーヴェンの交響曲全集です。   僕がクラシック音楽を聴き始めたのが、1970年の中一当時のベートーヴェンの演奏スタイルの主流は、ロマン派以降に形成された解釈でした。   フルオーケストラによる重厚で堅固な演奏が主流だったと思います。 そしてカラヤンに…

こんにちは、 ともやんです。   シノーポリ(1946-2001)は、第二次世界大戦後に生まれた指揮者の中では、将来の巨匠として嘱望されていた人です。   それが、僅か54歳で、他界されるとは、僕のその報を聞いた時非常に驚いた記憶があります。 その演奏は精緻を極め、人の心に鋭く突き刺さります。   僕は、ウィーンフィルを振ったシューマンの交響曲第2番を聴いて身震いした…

こんにちは、 ともやんです。   このブログの今年の方針としては、ベートーヴェンの生誕250年に合わせて、ベートーヴェンの名曲をいろんな音楽家の演奏で聴いて、勝手にコメントすることにしています。   その中で、現在もっとも人気の高いアンドリス・ネルソンス指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による交響曲全集のレビューは、楽しいものです。   今日は先日の第1番に続いて…

こんにちは、 ともやんです。   ギュンター・ヴァント指揮北ドイツ放送交響楽団によるベートーヴェンの交響曲全集を聴き通しました。 素晴らしい全集です。おすすめです。 録音もいいし、オーケストラも素晴らしくどの曲も各楽器を鳴らし切っています。 僕はベートーヴェンの交響曲全集をいろいろ演奏で聴いてきましたが、この全集はおすすめしたいベスト5には絶対入れたいと思います。   ただ、残…

最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報