カラヤン

カラヤン

カラヤンの第九 コンパクトディスクの規格はこうして決まった

ヘルベルト・フォン・カラヤンは、 その生涯にベートーヴェンの第九を75回演奏会で指揮しています。 これは、カラヤン財団の運営するサイトで報告されています。 これは、フルトヴェングラーの103回には、敵いませんでした...
カラヤン

カラヤンの名盤 ドヴォルザーク新世界より 1940年最初の録音

1939年9月1日、ドイツ軍はポーランドに侵攻しました。 第二次世界大戦の始まりです。 これよりヨーロッパは、戦場と化して行きます。 しかし、その中で人々は生活し、また演奏会も続けられていきます。 さて、ドイ...
カラヤン

カラヤン 第二次大戦下のシュターツカペレベルリンとの凄演 

1944年、第二次世界大戦下、ドイツの戦況は一段と厳しいものになっていました。 しかし、だからかカラヤンが凄い演奏を残しています。 当時、まだ30歳代、半ば、戦況がどうあれ、 これが俺のベートーヴェンだとばかり、 後年で...
カラヤン

カラヤン ベルリンフィルとの11年ぶりの共演 53年の英雄が凄い!

まさに尋常ならざる演奏です。 昨日に引き続き、カラヤンの歴史的な録音を取り上げます。 1953年9月8日、ヘルベルト・ファン・カラヤンは45歳。 ベルリンフィルの首席指揮者を務めるフルトヴェングラーが健在で...
カラヤン

カラヤンの初来日 歴史的名盤 1954年のNHK交響楽団との悲愴

えっ!?こんな凄い録音が残っていたの!と驚き、 そして聴くしかない!と思いさっそく聴きました。 素晴らしい、凄い!NHK交響楽団も頑張った! しかし、敗戦後10年も経たない日本に単身の乗り込んだカラヤンはも...
カラヤン

アンチ・カラヤンも脱帽 フィルハーモニア管とのベートーヴェン交響曲全集は凄い!

こんにちは。 ともやんです。 クラシック音楽のLPを始め買ったのが、1971年中学2年生かもしかして1年生の冬だったかと思います。 初めて買ったのが、カラヤン指揮フィルハーモニア管とのベートーヴェンの運命と...
カラヤン

カラヤンのブルックナー第8番 66年オランダ音楽祭 圧巻のライブ!

カラヤンの名演と言うと、 ベートーヴェン、ブラームス、ブルックナー という重厚なドイツもよりも リヒャルト・シュトラウス、チャイコフスキーという 華麗でベルリンフィルの機能力を 駆使する曲の演奏が良いと...
カラヤン

カラヤンの名盤 ブルックナー第7番 62年ツアー最後を飾る名演

僕がクラシック音楽に興味を持ち、 レコード屋に通うようになったのは、 中学2年生頃からだったと思います。 時代は1970年代初頭 当時のLPレコードが、 2,000円~3,000円したので、 50年近く前の中...
カラヤン

カラヤンの名盤 ブルックナー第5番 ウィーン響時代の凄演

ブルックナーの交響曲のおすすめCDという企画があると、 カラヤンの演奏を挙げる人は少ないようです。 カラヤンは、ドイツ・グラモフォンに ベルリンフィルと70年代後半に、 第1番から第9番までの録音をしています。 ...
カラヤン

ブルックナー交響曲第2番 おすすめの名盤 巨匠5人の聴き比べ

僕が敬愛する音楽評論家宇野功芳氏。 残念ながら2016年に85歳で亡くなりました。 でも、僕がクラシック音楽に 興味を持ち聴き始めてから約50年、 僕は宇野功芳氏の評論を最も信頼して、 氏のすす...
タイトルとURLをコピーしました