カラヤン

オネゲル

カラヤン オネゲル 交響曲第2番&第3番 SACD化

こんにちは、 ともやんです。 カラヤン&ベルリンフィルの全盛の期間とも言える、1969年に録音された、アルテュール・オネゲル(1892-1955)の交響曲第2番と第3番が、SACD化されます。 今月末にリリース予定です。 それに先立ち、以前...
アンネ=ゾフィー・ムター

カラヤン生誕100周年記念コンサート2008

こんにちは、 ともやんです。 今日は、映像配信サービスのU-NEXTの映像をご案内します。 2008年1月28日に行われた、「カラヤン生誕100周年記念コンサート」の模様です。 この映像の配信は、1月25日までなので、もしU-NEXTをまだ...
カラヤン

カラヤン 命日に聴く ベートーヴェン ミサ・ソレムニス

こんにちは、 ともやんです。 7月16日は、ヘルベルト・フォン・カラヤンの命日でした。 1989年7月16日のこと。昔からのクラシック音楽ファンである僕にとっては、ついこの間の出来事と感じていますが、もう34年も前のことなんですね。 翌年に...
カラヤン

ヘルベルト・フォン・カラヤン 生誕115年 ベートーヴェン交響曲全集

こんにちは、 ともやんです。 ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1889) 指揮者。1908年オーストリア、ザルツブルク生まれ。89年没。26年ウィーン音楽アカデミーで指揮法を学ぶ。29年ザルツブルク・モーツァルテウム管を指揮してデビ...
カラヤン

カラヤン ベートーヴェン交響曲連続演奏会1966 第4夜

こんにちは、 ともやんです。 カラヤンは、1966年にベルリン・フィルと来日公演を行い、当時としては驚くような企画、つまり5夜連続でベートーヴェンの交響曲全曲を連続演奏するというコンサートを行いました。 それについてあーだこーだと記したいと...
カラヤン

カラヤン ベートーヴェン交響曲連続演奏会1966 第3夜

こんにちは、 ともやんです。 カラヤンは、1966年にベルリン・フィルと来日公演を行い、当時としては驚くような企画、つまり5夜連続でベートーヴェンの交響曲全曲を連続演奏するというコンサートを行いました。 それについてあーだこーだと記したいと...
カラヤン

カラヤン 名盤 グリーグ ペール・ギュント組曲第1番・第2番

こんにちは、 ともやんです。 いくつになっても新しく知る、発見するということがあります。だから自分の制限を掛けたり諦めたりしないで開放した方が楽しいと思います。 今読んでいる百田尚樹氏の著書『クラシックを読む1』からも多くの発見がありました...
カラヤン

カラヤン ブルックナー 交響曲第9番 1966年&1975年

こんばんは、 ともやんです。 ブルックナーの交響曲第9番は、第4楽章が未完成だったため、作曲者に生前は演奏されませんでした。 初演が、ブルックナーの死後1903年2月11日にレーヴェの指揮で行われました。 ウィーンの聴衆は、生前のブルックナ...
カラヤン

カラヤン ベートーヴェン交響曲全集 1966年 第2夜

こんばんは、 ともやんです。 コンサートでのベートーヴェンのプログラムというと、多くはこんな感じではないでしょうか? ・交響曲2曲+序曲(第九を除く) ・交響曲+協奏曲+序曲 交響曲2曲の場合は、人気曲+準人気曲という感じで、例えば第1番+...
カラヤン

カラヤン 生誕115年に聴く ベートーヴェン交響曲全集

こんばんは、 ともやんです。 ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1989)の今年は生誕115年。 考えてみれば、カラヤンのCDをかなり持っていながら、あまり聴いていない。これって宝の持ち腐れじゃないか、と反省しながら生誕115年だから...
カラヤン

カラヤン ウィーン・フィル チャイコフスキー 三大バレエ

こんにちは、 ともやんです。 今読んでいる『クラシックを読む1』百田尚樹著のなかで、クラシック音楽通を自任する人からは、一段低く見られていたように思う、と記されています。 それは僕もうっすら感じていました。 ただ僕はチャイコフスキーが大好き...
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

カラヤン ドヴォルザーク交響曲第8番 新世界より ウィーン・フィル

こんにちは、 ともやんです。 久し振りにカラヤンの録音を聴きました。 聴いたのは、1985年1月と2月に録音したドヴォルザークの交響曲第8番と第9番"新世界より"の2曲。 どちらも通俗的な名曲であり、カラヤンも得意として何度も録音している作...