メルマガ登録

仲道郁代&パーヴォ・ヤルヴィ ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番”皇帝”

こんにちは、
ともやんです。

仲道郁代のピアノ独奏による、ベートーヴェンのピアノソナタとピアノ協奏曲全集を達成しています。

仲道郁代はその他でもモーツァルトのピアノソナタ全集も完成しています。僕はそれも一部聴いていますが、例えば、第11番の「トルコ行進曲付き」では、あれって思う箇所があったり、なかなか興味深い全集でした。

スポンサーリンク

仲道郁代とパーヴォ・ヤルヴィの共演

仲道郁代とパーヴォ・ヤルヴィの共演を聴いて、一番感じたのは、パーヴォ・ヤルヴィの引き締まった表現です。

かと言って、締めすぎた感じはしなくて、奏者が伸び伸び演奏している雰囲気も伝わってきます。

なんか、奏者たちは演奏を楽しんでいるという感じがすごく伝わってくる演奏なのです。

そんな自由闊達なパーヴォ・ヤルヴィの伴奏の乗って、仲道郁代は、伸び伸びとそして気品のある格調高い演奏を展開しています。

この方は、テクニックをバリバリひけらかす人ではありませんが、特に皇帝では、華麗なピアノが聴けて嬉しいですね。

ファンならずとも必聴の名演の録音です。

スポンサーリンク

仲道郁代&P・ヤルヴィ ベートーヴェン ピアノ協奏曲第3番&皇帝

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン – Ludwig van Beethoven (1770-1827)
ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 「皇帝」 Op. 73
Piano Concerto No. 5 in E-Flat Major, Op. 73, “Emperor”

1.(19:46) I. Allegro
2.(07:52) II. Adagio un poco moto –
3.(10:38) III. Rondo: Allegro
total(38:16)

——————————–

ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 Op. 37
Piano Concerto No. 3 in C Minor, Op. 37

4.(16:43) I. Allegro con brio
5.(09:04) II. Largo
6.(09:05) III. Rondo: Allegro
total(34:52)

仲道郁代 – Nakamichi ikuyo (ピアノ)
ブレーメン・ドイツ・カンマーフィルハーモニー管弦楽団 – Bremen Deutsche Kammerphilharmonie
パーヴォ・ヤルヴィ – Paavo Jarvi (指揮)
録音:2004年6月14-16日 グロッサー・ザール,バート・キッシンゲン,ドイツ

スポンサーリンク

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」&第3番 仲道郁代&パーヴォ・ヤルヴィ

2003年12月から発売が始まった、3年間でベートーヴェンのピアノ・ソナタ全32曲(CD11枚分)を録音・発売する巨大プロジェクトを着々と進行させている仲道郁代による「ベートーヴェン・プロジェクト」第2弾は、いよいよピアノ協奏曲2曲の登場。
共演は、フランクフルト放送交響楽団首席指揮者への就任が決まったパーヴォ・ヤルヴィの指揮するドイツ・カンマーフィルハーモニー。
収録が行われたのは、2004年6月、ドイツ中部の温泉地として知られ、「キッシンゲンの夏」音楽祭でも有名なバート・キッシンゲンにある、20世紀初頭に建てられた美しい木造のホール。それを背景に、ピアノ・ソナタ全曲演奏でベートーヴェンの深奥に迫りつつある仲道と、パーヴォ・ヤルヴィの緻密を極めた指揮、そしてピアニストと指揮に俊敏に反応する、ピリオド奏法を取り入れたドイツ・カンマーフィルという三者が、熱いドラマを繰り広げている。



スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました