こんにちは。 ともやんです。   先日、10年来付き合いのある仕事関係の人と会う機会がありました。 その方は、50代後半で定年後何をしようかなって話になりました。   その方が意外なことを言いました。 「ともやんさんも穏やかになりましたね。初めてお会いした時はキリキリしていて怖いくらいでした。」 へえ、そうなんだ。10年前と言えば、50代前半。残業、休出も厭わず狂ったように働い…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   先日、ミュンシュ&パリ管弦楽団のブラームス交響曲第1番が凄いとご案内しました。   その演奏に対抗できる演奏というと僕が真っ先に思い浮かぶ演奏はカール・ベーム指揮ベルリンフィルによる’59年の録音です。 壮年期のベームが、早めのテンポで覇気溢れる演奏を展開し、ベルリンフィルが怒涛のアンサンブルで応える演奏が聴きものです。   ※ブラー…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   カール・ベームとロンドン交響楽団によるチャイコフスキー後期交響曲3曲のレビューも最後となりました。 今日は最後に録音された第5番について書きます。   録音が、1980年5月。 ベームも既に85歳となり、亡くなる前年の録音です。 なおこの第5番だけデジタル録音です。   ベームのデジタル録音は珍しくこれ以外ではウィーンフィルとのベート…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   カラヤンによるベートーヴェンの交響曲全集は、スタジオ録音のものは、どういうわけか全て思っています。 50年代のフィルハーモニア管、60年代、70年代、80年代のベルリンフィル盤。   どちらかというとアンチカラヤンなのですが、嫌よ嫌よも好きの内というtこでしょうか、カラヤンの録音はかなり持っています。   カラヤンは録音自体も多いので…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   もう50年以上前の録音ながら、この曲最高の名盤と聞いていたが、今まで聴く機会がなかった。 今回、ようやく聴くことが出来た。 スポンサーリンク   やはり噂に違わぬ名演です。   ロストロポーヴィチの卓越したテクニックと逞しい響き、そしてカラヤン&ベルリンフィルの伴奏も見事で、やはりこれは永遠の名盤と言えるものです。   スポ…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   ギュンター・ヴァント(1912-2002)は、やはり凄い人でした。   誰か忘れましたが、ある音楽評論家が、どうしてベルリンフィルは、フルトヴェングラーの後任としてヴァントを指名しなかったのか?と何かで書いておられました。   ヴァントは、カラヤンより4歳年下で、フルトヴェングラーが亡くなった時点では、カラヤンよりは多く客演していまし…

  • 人気ブログランキング

こんにちは。 ともやんです。   NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」2014年11月3日放映は、ヴァイオリニスト五嶋みどりを取り上げていました。 アメリカの音楽大学で教鞭も取りながら年間100回に上る演奏活動を続ける五嶋みどりの生活の一部を伝えていました。 スポンサーリンク   音楽に人生を捧げ真摯に打ち込み、また音楽を通しての社会貢献活動も行う五嶋みどりの姿勢に心を打た…

  • 人気ブログランキング
1 2 3 7
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報