アンチェル

アンチェル

アンチェル 名盤 タワーレコード・トップ5

チェコの名指揮者カレル・アンチェル(1908-1973)のタワーレコードでの売れているベスト7をご案内します。実のこのブログの他のアンチェルの項でも書いていますが、僕は長らくアンチェルの録音を聴くことが出来ませんでした。それは、第2次大戦下でのアウシュヴィッツにおける悲劇を読んだからです。
アンチェル

ベートーヴェン 交響曲第6番 “田園” 名盤

宇野さんが、2013年に出版した「ベートーヴェン 不滅の音楽を聴く」は、ほぼ最後の出版と思います。その本で、"田園"のおすすめ盤は、ワルター&コロンビア響、ワルター&ウィーンフィル、そしてベーム&ウィーンフィルでした。相も変わらず、毎度おなじみの名盤です。
アンチェル

アンチェル 名盤 ブラームス交響曲第1番 心に突き刺さる名演

こんにちは、 ともやんです。 カレル・アンチェル(1908-1973)とチェコ・フィルハーモニー管弦楽団による ブラームス交響曲第1番を聴きました。 これがなんと素晴らしい演奏か! ブラームス交響曲第1番というとそれこ...
アンチェル

アンチェルのベートーヴェン第5番 曲の本質に迫る隠れた名盤

ベートーヴェンの第5番と言えば、 それはそれは名演の名盤ひしめく、名曲中の名曲ですが、 さて、クラシック音楽を聴き始めた、または興味を抱き、 まずベートーヴェンの運命とやらを聴きたいのだが、 おすすめのCDを...
アンチェル

アンチェルのマーラー交響曲第9番 慟哭の先にあるものが見える!?

今年は、年初から朝比奈隆、カラヤンの生誕110年だな、と思っていたら、 アンチェルも同い年だということで、同じく生誕110年なのです。 3人の中では、アンチェルがもっとも短命で、35年前の1973年に カナダのトロントで病...
アンチェル

アンチェルの名盤 マーラー『第1番 巨人』個人的には最高の名演名盤

今年は、年初から朝比奈隆、カラヤンの生誕110年だな、と思っていたら、 アンチェルも同い年だということで、同じく生誕110年なのです。 3人の中では、アンチェルがもっとも短命で、35年前の1973年に カナダのトロントで病...
アンチェル

アンチェルの名盤 チェコフィルとの最高の”新世界より”は聴くべし

アンチェルの音楽は優しい。 気品があって、そつがなく、まるで世界を達観したように明るい。 マーラーの『1番』やショスタコーヴィッチの『5番』や ストラヴィンスキーの『春の祭典』のような曲を演奏しても、 決して下品にならず...
タイトルとURLをコピーしました