トスカニーニ

トスカニーニ コレクションから最高傑作 レスピーギ“ローマ三部”

トスカニーニの世紀の快演 オットリーノ・レスピーギ(1879-1936) 交響詩「ローマの松」 交響詩「ローマの噴水」 交響詩「ローマの祭」 アルトゥーロ・トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1953.3.17(ローマの松)...
シューベルト

フルトヴェングラーの名盤 シューベルトの未完成が凄い!

シューベルトの未完成が凄い フランツ・シューベルト 交響曲第8番ロ短調「未完成」 ウィリヘルム・フルトヴェングラー指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1948年10月24日 第1楽章の出だしが何とも言えない。 ...
ベートーヴェン

フルトヴェングラーの名盤 ベルリンフィルとのベートーヴェン名演集

フルトヴェングラーが戦犯容疑に第二次大戦後しばらく演奏が出来ませんでしたが、 審議の結果、晴れて無罪となり、1947年5月25日に戦後初めてのコンサートをベルリンのティタニア・パラストでベルリンフィルと行いました。 ...
カラヤン

カラヤン フィルハーモニア管との最初のベートーヴェン交響曲全集

カラヤンの記念碑 最初のベートーヴェン交響曲全集 ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908-1989)の名前は、クラシック音楽に日ごろ接していない人も、その名前だけは聞いたことがあるでしょう。 時の流れは早く、亡くなっ...
トスカニーニ

トスカニーニ メンデルスゾーン交響曲第4番”イタリア”&第5番

トスカニーニは、1857年イタリアのパルマ生まれです。パルマは、イタリア北部の内陸部で、ミラノとボローニャ、ジェノヴァ、ヴェネツィアのちょうど中間に位置する都市です。パロマ音楽院でチェロと作曲を学んで、19歳で卒業、1886年に南米を巡業するロッシ歌劇団に首席チェロ奏者として参加。
ベートーヴェン

ベートーヴェンの第九は、ジョージ・セルの究極の機能美

L・V・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第9番ニ短調作125「合唱付き」 ジョージ・セル(1897-1970)指揮 クリーブランド管弦楽団と合唱団 アディソン(S)、ホブソン(A)、ルイス(T)、ベル(Bs) 1963...
フルトヴェングラー

フルトヴェングラー ベートーヴェン”運命” ’47年5月の復帰コンサート

ウィリヘルム・フルトヴェングラーが、1954年11月30日に亡くなって、もう63年近く経ちます。中学生だった僕は、初めてフルトヴェングラーの名前を知って、LPレコードを購入したのが、1971年。そのLPは、コロンビアレコードから出ていた、ウィーンフィルとのベートーヴェンの「英雄」。
クレンペラー

クレンペラーの芸術の真髄を探る貴重な録音

クレンペラーの芸術 オットー・クレンペラー(1885-1973)は、 20世紀を代表する大指揮者です。 ユダヤ系のため、ヒットラー政権下のドイツを去り、アメリカに渡りますが、数々の身体的な苦難に見舞われ、戦後、手負...
ブルックナー

ヨッフム ブルックナー交響曲第1番 心洗われる名演

こんにちは。 ともやんです。 オイゲン・ヨッフム(1902-1987)は、僕の大好きな指揮者です。 その誠実な人柄が、演奏にもにじみ出ていて、デモーニッシュな演奏はないし、カラヤンのようなスター性もないけど、 地道に自分...
ブラームス

フルトヴェングラーらしさが発揮できなかったブラームス

ヨハネス・ブラームス(1833-1897)作曲 ハイドンの主題による変奏曲 作品56a ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 作品102 交響曲第1番ハ短調 作品68 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(1886-1954)指揮 ...
タイトルとURLをコピーしました