ピアノ協奏曲

シューマン

リパッティ シューマン ピアノ協奏曲とウルトラセブン

こんにちは、 ともやんです。 友人が興味あることを教えてくれました。 ウルトラセブンの第49話がクラシック音楽ファンやオタクに有名なんだそうだ。 なんでもモロボシダンがアンヌ隊員に「ぼくはウルトラセブンなんだ」と告白し、アンヌが「ダン!行か...
ラフマニノフ

キリル・ペトレンコ キリル・ゲルシュタイン ラフマニノフ

こんにちは、 ともやんです。 中学生だった1970年からクラシック音楽を聴き始めました。 当時は、クラシック音楽というとカラヤン。カラヤンというとベルリンフィル。カラヤン&ベルリンフィルがクラシック音楽の代名詞のような時代でした。 少なくて...
モーツァルト

アンヌ・ケフェレック モーツァルト ピアノ協奏曲第20番&第27番

こんにちは、 ともやんです。 ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト。1791年12月5日死去。享年35歳。今日が命日。 その死に関しては、サリエリの毒殺説、フリーメイソンの謀殺説など諸説あるが、興味本位の物ばかりで、真実はわからない。た...
メンデルスゾーン

アリス・紗良=オット ベートーヴェン ピアノ協奏曲第1番&月光

こんにちは、 ともやんです。 アリス・紗良=オットは、僕が実演で聴いたソリストの中では最高でした。 実演を聴いたのはもう5年前だったと思います。 相模原の相模女子大学のグリーンホールで、井上道義指揮に日本フィルの相模原定期公演で聴いたのでし...
ブラームス

ギレリス&ヨッフム ブラームス ピアノ協奏曲集

こんにちは、 ともやんです。 『未来のレトロ』ドイツ・グラモフォンからオーディオ・ファンのための新しいLPシリーズ。 エミール・ベルリナー・スタジオスが、最先端のピュア・アナログ技術を駆使して、オリジナルの1/2インチ4トラック・テープから...
モーツァルト

ハイドシェック ヴァンデルノート モーツァルトピアノ協奏曲選集より

こんにちは、 ともやんです。 910回目のメルマガです。 ポッドキャストを始めてみました。 ↓ まずは第一歩と言うことで、笑われそうな内容ですが、一人でも聞いてくれる方がいれば続けて行きたいと思っています。
アルゲリッチ

岩城宏之 命日に思う

こんにちは、 ともやんです。 今日6月13日は、指揮者の岩城宏之氏の命日。 2006年6月13日午前零時20分に心不全で都内の病院で亡くなったのです。 僕は結局岩城さんの実演は一度しか聴かなかった。 80年代にもうコンサートホールも忘れたが...
バルトーク

小澤征爾 ピーター・ゼルキン バルトーク ピアノ協奏曲選集

こんにちは、 ともやんです。 今年の9月1日、小澤征爾さんが88歳の誕生日を迎えられます。颯爽としたイメージの小澤さんですが、もうそんな高齢になられたんだなと改めて思いました。 小澤さんは、RCAやコロンビアに多くの録音を残されていますが、...
ブラームス

フォークト 名盤 ブラームス ピアノ協奏曲第2番

こんにちは、 ともやんです。 ブラームスの生誕190年を記念してブラームスの作品を取り上げています。 慎重で丁寧に作品を創り上げるブラームスだけに駄作がなく、4つの交響曲、そしてヴァイオリン、ピアノ協奏曲と聴いてきましたが、本当の一曲、一曲...
ブラームス

クトー 名盤 ブラームス ピアノ協奏曲第1番

こんにちは、 ともやんです。 886回目のメルマガです。 ブラームスの生誕190年記念の第6弾ではピアノ協奏曲第1番をご紹介します。 ピアノの名手であり、オーケストレーションの手練れだったブラームスですから、もっと肩の力を抜いて何曲も作って...
モーツァルト

アニー・フィッシャー モーツァルト ピアノ協奏曲選集

こんにちは、 ともやんです。 フィッシャーという苗字は、クラシック音楽の世界で多いようですが、当然クラシックだけではないと思います。 ドイツに多いような苗字ですが、ハンガリーにも多いようですね。 日本でいう田中さん、鈴木さん、佐藤さんて感じ...
モーツァルト

チョ・ソンジン モーツァルト ピアノ協奏曲第20番他

こんにちは、 ともやんです。 2021年11月にワルシャワで行われたショパン国際ピアノコンクールで第2位に輝く一躍時の人になった反田恭平。しかもその後同コンクールで第4位に入賞した小林愛実さんと結婚するというおめでたい話に発展し、まさに現在...