こんにちは ともやんです。   カール・ベーム(1894-1981)。   オーストリアのグラーツに生まれ、同地で教育を受けたのち、やはり同地のオペラハウスで指揮者デビュー。   1934年からはドレスデンで、1934年からはウィーンで、ふたたび1954年からウィーン歌劇場音楽監督の地位に就きました。ザルツブルク音楽祭、バイロイト音楽祭にも盛んに出演した20世紀を代表…

こんにちは ともやんです。   カール・ベーム&ウィーンフィルによる、ドヴォルザークの”新世界より”を聴きました。   ベームの指揮によるドヴォルザークの”新世界より”は、正規録音では唯一物だそうです。   なにか、ベームの録音を聴くと、学生時代の友人に久し振りに会ったような懐かしさに駆られます。 カール・ベーム&ウィーンフィル 味わいの”新世界より” このブログでも…

こんにちは、 ともやんです。   カラヤンは、ライブを除くとベートーヴェンの交響曲全集を4回録音しています。 まず50年代にフィルハーモニア管と。 そして、60年代、70年代、80年代にはベルリンフィルと。   個人的には、時代が進むほどにカラヤンは遠い存在になっていきました。 はっきりいえば、純粋な音楽家が、指揮もする実業家になった感じです。   僕は、カラヤンに対…

ブラームス 交響曲全集 ベームvsヴァント

目安時間 9分

こんにちは。 ともやんです。   許光俊氏は、ユニークなクラシック音楽の評論家で、僕は賛同できないことの方が多い人です。 でも出版も多い各書籍への記事も多い人で、どうしても目にすることが多いので、結局読む機会も多い方です。 でも時には、なるほどと賛同することもあるので、許氏の本やコラムはついチェックしてしまいます。   『クラシックの聴き方が変わる本[テーマ別・名盤&裏名盤ガイ…

こんにちは。 ともやんです。   ピエール・モントゥー(1975-1964)は、フランスの名指揮者。   フランス人ながら、ブラームスを得意とし、晩年のブラームスの前で演奏をしたことを終生の誇りとしていたそうです。 また、1911年からディアギレフのロシア・バレエ団で指揮を担当し、ストラヴィンスキーの『春の祭典』、『ペトルーシュカ』、ラヴェルの『ダフニスとクロエ』、ドビュッシー…

こんにちは、 ともやんです。   今年は、ベートーヴェンの生誕250年ということで、いつも以上にベートーヴェンのCDを聴いています。 交響曲全集も昨年から新譜だったり再販だったりたくさん出ています。 その中で名門ウィーンフィルも昨年録音して交響曲全集をリリースしています。   そしてこの記念すべき年に発売した録音の指揮者がアンドリス・ネルソンス。 ここでちょっとネルソンスに触れ…

こんにちは、 ともやんです。   シノーポリ指揮ウィーンフィルによるシューマンの交響曲第2番をご案内します。   今年は、ベートーヴェンの生誕250年ということで話題になっています。 一方シューマンも生誕210年を迎えました。   こちらは全く話題になっていません。 もしかして10年前の生誕200年の時は、それなりに話題になったのかもしれません。 スポンサーリンク

1 2 3 9
最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報