ウィーンフィル

アバド

アバドの名盤 モーツァルト管弦楽団とのCDトップ5

こんにちは、 ともやんです。 クラウディオ・アバドは、僕の中ではいまいちの評価です。 特にベルリンフィルの首席指揮者になってからは、今一つの自己主張がないというか、個性に乏しいような気がします。 若手の頃のロ...
ブラームス

カラヤン ランキング 売れているベスト5

タワーレコードにおいてカラヤンのCD、LPで売れているランキングをチェックしてみました。カラヤンの音楽ソフトは、亡くなって30年以上経ちますが、さすがにまだまだカタログにはたくさん残っていますし、逆にソフトの形態も変えて再販されるんで、むしろ多くのなったのでは感じるくらいです。
ハイドン

カール・ベームとウィーンフィル ハイドン交響曲選集

カール・ベーム。オーストリアのグラーツに生まれ、同地で教育を受けたのち、やはり同地のオペラハウスで指揮者デビュー。1934年からはドレスデンで、1934年からはウィーンで、ふたたび1954年からウィーン歌劇場音楽監督の地位に就く。ザルツブルク音楽祭、バイロイト音楽祭にも盛んに出演した20世紀を代表する名指揮者。
ドヴォルザーク

ベーム&ウィーンフィル ドヴォルザーク”新世界より”

カール・ベーム&ウィーンフィルによる、ドヴォルザークの"新世界より"を聴きました。ベームの指揮によるドヴォルザークの"新世界より"は、正規録音では唯一物だそうです。なにか、ベームの録音を聴くと、学生時代の友人に久し振りに会ったような懐かしさに駆られます。
カラヤン

カラヤン ベートーヴェン交響曲全集より 貴方はカッコよかった

カラヤンは、ライブを除くとベートーヴェンの交響曲全集を4回録音しています。まず50年代にフィルハーモニア管と。そして、60年代、70年代、80年代にはベルリンフィルと。個人的には、時代が進むほどにカラヤンは遠い存在になって行きます。純粋な音楽家が、指揮もする実業家という感じになりました。
ブラームス

ブラームス 交響曲全集 ベームvsヴァント

僕は、30代から40代に半ばにかけて、仕事で海外に行く機会が、60回ほどありました。といっても滞在はどこも1週間ほどで長期に滞在したことがなく、あまり詳しく深いことまで知っているわけではありません。ドイツには何度も行きましたが、オーストリアには行ったことがりません
ハイドン

モントゥー&ウィーンフィル ハイドン交響”驚愕” “時計”

フランス人ながら、ブラームスを得意とし、晩年のブラームスの前で演奏をしたことを終生の誇りとしていたそうです。また、1911年からディアギレフのロシア・バレエ団で指揮を担当し、ストラヴィンスキーの『春の祭典』、『ペトルーシュカ』など20世紀のバレエ音楽の初演も振りました。
ネルソンス

ネルソンス ベートーヴェン 英雄 ウィーンフィルとの生誕250年記念

今年は、ベートーヴェンの生誕250年ということで、いつも以上にベートーヴェンのCDを聴いています。交響曲全集も昨年から新譜だったり再販だったりたくさん出ています。その中で名門ウィーンフィルも昨年録音して交響曲全集をリリースしています。指名された指揮者はアンドリス・ネルソンスでした。
シノーポリ

シノーポリ シューマン ウィーンフィルとの交響曲第2番

シノーポリ指揮ウィーンフィルによるシューマンの交響曲第2番をご案内します。今年は、ベートーヴェンの生誕250年ということで話題になっています。 一方シューマンも生誕210年を迎えました。こちらはあまり話題になっていません。もしかして10年前の生誕200年の時は、話題になったのかもしれません。
アバド

アバド 名盤 ベートーヴェン交響曲第6番”田園”

クラウディオ・アバド(1933-2013)は、ベートーヴェンの交響曲全集を2回録音しています。1回目は、80年代のウィーンフィルと2回目が21世紀になってからベルリンフィルとです。僕は、断然ウィーンフィル盤が好きです。なんと言ってもウィーンフィルのコクのなる響きと。。。
タイトルとURLをコピーしました