こんにちは。 ともやんです。   カール・ベームとロンドン交響楽団によるチャイコフスキー後期交響曲3曲のレビューも最後となりました。 今日は最後に録音された第5番について書きます。   録音が、1980年5月。 ベームも既に85歳となり、亡くなる前年の録音です。 なおこの第5番だけデジタル録音です。   ベームのデジタル録音は珍しくこれ以外ではウィーンフィルとのベート…

こんにちは。 ともやんです。   昨日に続いてカール・ベーム指揮ロンドン交響楽団の演奏による、チャイコフスキーの交響曲を聴きました。 昨日の第4番に続いて第6番”悲愴”です。 録音年は、第4番の1年後の78年12月。   ベームは、84歳になっていました。 スポンサーリンク たかが1年、されど1年。 高齢になってからの半年、1年は大きいです。   第4番より遅めのテン…

こんにちは。 ともやんです。   ベームのチャイコフスキー?と意外に思ったのは、 もうかなり前、渋谷の中古レコード店で、そのLPを見つけたからです。   しかし、当時は他に買うLPが多くあり、そこまで余裕がなく、 今度にしようと見送ったが最後、多分30年経ってしまいました。   これは中古店で巡り合ったLPなりCDはその時買わなければ、 いつ再会するかわからないから、…

こんにちは。 ともやんです。   今年9月に90歳で引退したベルナルト・ハイティンクの最後の第9の演奏をご案内します。 あまりに素晴らしいので、過去の演奏を改めて聴いているところです。   80年代に同じクラシック音楽鑑賞を趣味とする友人が、ハイティンク&コンセウルトヘボウ管によるベートーヴェンの交響曲全集を買ったから一緒に聴こうよ、というので彼の家に行って聴いたことがあります…

こんにちは。 ともやんです。   コリン・デイヴィスのヘンデル「メサイア」を3種類ご案内します。   コリン・デイヴィス(1927-2013)はイギリス出身の名指揮者です。   コリン・デイヴィスは苦労人です。 そして夢を諦めなかった人です。 現場で出来ることを地道に続けてチャンスを待って、そのチャンスを生かして大成した人です。   デイヴィスの生家は貧しく…

おはようございます。 ともやんです。   僕が初めて世界的な指揮者のコンサートに行ったのは、1973年3月のことでした。 当時、中学3年生、と言ってもあと数日で高校生になるころでした。   なんとウィーンフィルハーモニー管弦楽団が来日して富山で公演を行ったのです。 プログラムが、ベートーヴェンの”田園”とシューベルトの”未完成”という王道中の王道のものでした。 スポンサーリンク…

こんにちは。 ともやんです。   僕が初めて世界的な指揮者のコンサートに行ったのは、1973年3月のことでした。 当時、中学3年生、と言ってもあと数日で高校生になるころでした。   なんとウィーンフィルハーモニー管弦楽団が来日して富山で公演を行ったのです。 プログラムが、ベートーヴェンの”田園”とシューベルトの”未完成”という王道中の王道のものでした。   演奏の云々…

最近の投稿
カテゴリー
メルマガ登録
関連サイトへのリンク
ぶろぐ村

メタ情報