1957年1月26日、20世紀前半を代表する指揮者の アルトィーロ・トスカニーニが亡くなりました。   89歳でした。   そして1週間後の2月3日にカーネギー・ホールで、 ブルーノ・ワルター指揮シンフォニー・オブ・ジ・エアの演奏で、 追悼公演が行われました。   シンフォニー・オブ・ジ・エアは、元NBC交響楽団で、 54年にトスカニーニが引退してことで、 解散の予定…

  • 人気ブログランキング

カール・シューリヒト(1880-1967)ドイツの名指揮者。   僕の大好きな指揮者で、聴き始めた頃は、 飄々として軽快で、味わいのある好々爺的な演奏をする人かな、   と思っていましたが、いやいや、いろんな録音を聴き進んでいくと、 この人は凄い人なんだということが良くわかってきました。   今日は、1961年のザルツブルク音楽祭でのライブ録音から ベートーヴェン交響…

  • 人気ブログランキング

僕の敬愛する音楽評論家に宇野功芳さんがいます。 中学生時代から宇野さんの評論に接し、レコードを買うときは、 宇野さんの評論を参考にしてよく購入したものです。   なんと言っても当時、中学生、高校生の僕にとっては、 LP2000円から2500円は非常に高価なものでした。   だから選びに選んで、何度も悩んで購入したものです。   そして、僕はいつか宇野さんのような クラ…

  • 人気ブログランキング

僕が敬愛する音楽評論家宇野功芳氏。 残念ながら2016年に85歳で亡くなりました。   でも、僕がクラシック音楽に 興味を持ち聴き始めてから約50年、 宇野氏の推薦する録音が僕のベースになっています。   クナッパーツブッシュの名前を知ったのも、 宇野氏の本からでした。   さて、宇野氏は、ブルックナーの交響曲の中でも、 特に第3番と第8番が好きだそうです。 &nbs…

  • 人気ブログランキング

僕が敬愛する音楽評論家宇野功芳氏。 残念ながら2016年に85歳で亡くなりました。   でも、僕がクラシック音楽に 興味を持ち聴き始めてから約50年、   僕は宇野功芳氏の評論を最も信頼して、 氏のすすめる曲や演奏家のLPやCDを 真っ先に聴きながらコレクター人生を歩んできました。   氏の評論やその歯に衣着せぬ論調は、 賛否両論がありますが、 僕は、氏の良い意味での…

  • 人気ブログランキング

僕が敬愛する音楽評論家宇野功芳氏。   残念ながら2016年に85歳で亡くなりました。   でも、宇野氏の功績のひとつに日本にブルックナーを 広めたというのものがあると思います。   自身もブルックナーとモーツァルトを最も愛されていたようで、 特にブルックナーを得意としていた朝比奈隆氏を高く評価され、 それがブルックナーファンを増やした遠因とも僕は思っています。 &n…

  • 人気ブログランキング

ドイツの名指揮者カール・シューリヒト(1880-1967)の唯一のベートーヴェン全集企画です。 1957年~58年に掛けて録音で、残念ながらモノラルですが、録音は悪くありません。ただ、録音された年代からみるとステレオ録音で残されていたらと残念でなりません。 事実、クレンペラー&フィルハーモニア管は同時期、ステレオ録音で残されています。   カール・シューリヒトには、ベートーヴェンの交響曲…

  • 人気ブログランキング

宇野功芳の名盤 ベートーヴェンの交響曲   ベートーベン交響曲第1番・第5番 宇野功芳指揮 新星日本交響楽団 1991年4月16日 東京芸術劇場に於いての実況録音   共に遅いテンポで念の押すように進行。   宇野先生やりたい放題の演奏で、 オーケストラの皆様お疲れ様でした。 名盤というよりも迷盤に近いか(;-_-)   でも周りの反応なんてなんのその、 「…

  • 人気ブログランキング

フルトヴェングラー ベートーヴェン第5番の名盤 ルードヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827) 交響曲第5番ハ短調作品67 ウィリヘルム・フルトヴェングラー指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 第1楽章:Allegro con brio 08:24 第2楽章:Andante con moto 11:08 第3楽章:Allegro 06:11 第4楽章:Allegro 08:52 19…

  • 人気ブログランキング

フルトヴェングラーが戦犯容疑に第二次大戦後しばらく演奏が出来ませんでしたが、   審議の結果、晴れて無罪となり、1947年5月25日に戦後初めてのコンサートをベルリンのティタニア・パラストでベルリンフィルと行いました。   このCDセットはそれから亡くなる1954年までのRIASベルリンのラジオ放送録音が、高い技術で最初に復刻したシリーズとして発売されたものです。  …

  • 人気ブログランキング

ウィリヘルム・フルトヴェングラーが、 1954年11月30日に亡くなって、もう63年近く経ちます。   中学生だった僕は、初めてフルトヴェングラーの名前を知って、 LPレコードを購入したのが、1971年。   そのLPは、コロンビアレコードから出ていた、 ウィーンフィルとのベートーヴェンの「英雄」。   1944年録音のもので、ウラニアの英雄として有名な録音でした。 …

  • 人気ブログランキング

ヨハネス・ブラームス(1833-1897)作曲 ハイドンの主題による変奏曲 作品56a ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 作品102 交響曲第1番ハ短調 作品68 ヴィルヘルム・フルトヴェングラー(1886-1954)指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ボスコフスキー(Vn)、ブラベッツ(Vc) ライヴ録音1952年1月27日 ムジークフェライン大ホール   貴重なフルトヴェ…

  • 人気ブログランキング




メルマガ登録
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー
タグ
ぶろぐ村

人気ブログランキング